HotForex(ホットフォレックス)の自動売買(EA)について解説

HotForex(ホットフォレックス)の自動売買(EA)

HotForex(ホットフォレックス)は自動売買(EA)を利用することができる海外FX業者です。

HotForexの口座タイプは6種類あり、自動売買を利用するために通常の口座タイプと自動売買専用のauto口座が設けられています。

口座タイプを選択する時に、各口座の特徴を確認しておかないと最適な環境で自動売買をすることが難しくなってしまいます。

また、HotForexでは一定の条件を満たせば、無料でVPSを使用することができます。

この記事では、HotForexの自動売買の設定方法から注意点などを解説していきます。

この記事を読めばわかること
・HotForexで自動売買は利用できるの?
・HotForexのauto口座は自動売買に向いているの?
・自動売買の設定方法
HotForex(ホットフォレックス)の評判・評価

HotForex(ホットフォレックス)の評判・評価を実際に利用してまとめてみた

2020年12月29日

\最大レバレッジ1000倍×豪華ボーナス最大50万/

Contents

HotForexの自動売買できる口座タイプについて

HotForexの自動売買は通常の3種類の通常の口座タイプから選択するものと、自動売買専用のauto口座から選択するものとあります。

通常の3種類の口座と言うのが、マイクロ口座、プレミアム口座、ゼロスプレッド口座になります。

それぞれの口座タイプの特徴が違いますので、どのタイプで自動売買するかはよく検討する必要があります。

海外FXの教科書管理人
自動売買専用のauto口座はプレミアム口座のスペックと同じです。

HotForexの口座タイプの違い一覧

マイクロ口座 プレミアム口座 ゼロスプレッド口座
FX通貨ペア数 53種類 53種類 53種類
最大レバレッジ 1000倍 500倍 500倍
マージンコール 40% 50% 50%
ロスカット率 10% 20% 20%
最小ロット数 0.01ロット 0.01ロット 0.01ロット
最大ロット数 7ロット 60ロット 60ロット
最低入金額 5ドル 100ドル 200ドル
ドル円平均スプレッド 1.7pips 1.7pips 0.2pips
取引手数料 なし なし 往復6ドル

実際、自動売買専用のauto口座はデメリットが多いため、自動売買をするなら通常の3種類の口座タイプの中から選択する方がおすすめです。

HotForexの口座タイプの特徴を徹底解説

HotForexの口座タイプの特徴を徹底解説

2021年2月17日

HotForexで自動売買をする手順を解説

それでは、自動売買が利用できるまでの手順を見ていきましょう。

①HotForexの取引口座とmyHF口座を開設する

まず、HotForexの公式ホームページから口座開設を行いましょう。

HotForexでは取引口座の開設が完了したらmyHF口座を開設していくという段取りになります。

・myHF口座:マイページのような役割を持ち、ここで入出金や資金移動などが行えます。

・取引口座:実際に取引するリアル口座やデモ口座のことです。

HotForexの口座開設は簡単ですので、下記の記事を読みながら進めればスムーズに口座開設ができます。

HotForex(ホットフォレックス)の口座開設方法の全登録手順

HotForex(ホットフォレックス)の口座開設方法の全登録手順を解説

2021年1月8日

②VPS(仮想専用サーバー)の契約

次にすることはVPSの契約になります。

VPSとは、一言で言うとオンライン上にあるパソコンになりそこで自動売買をしていく形になります。

VPSの契約の方法には2種類あり、VPSを提供している会社に申し込みをするか海外FX業者が提供しているVPSを申し込むかです。

VPSを提供している代表的な会社が、「お名前.com デスクトップクラウド」と「ABLENET」になります。

私も実際に、この2社を使用していますが安定感もありおすすめです。

HotForexでは、無料のVPSを提供していますが、最低入金額が50万円以上と最低5ロットの取引が必要なためハードルが高くなっています。

また、有料でもVPSは契約することはできますが、月額30ドルかかるため割高です。

他の海外FX業者でも無料VPSは用意されていますが、最低入金額が高いため有料のVPSを使用する方が、おすすめです。

HotForexはVPSの提供はあるの?

HotForexはVPSの提供はあるの?おすすめのVPS会社は?

2021年5月2日

③VPSにプラットフォームのMT4/MT5をインストール

VPSにMT4/MT5をインストール

HotForexのトップページから、「プラットフォーム」をクリックするとMT4/MT5をインストールすることができます。

自動売買は、まだまだMT4の方が主流になっていますので、MT4のプラットフォームの方がおすすめです。

④EAの購入とダウンロード

続いて、プラットフォームのMT4/MT5で動かすEAをダウンロードしましょう。

EAは有料・無料にものがあり、どれを選択するかはよく吟味するようにしてください。

下記はEAを入手するための代表的なサイトになります。

・GogoJungle
・MQL5

特におすすめなのがGogoJungleです。EAのランキング、稼働率、収益率、ドローダウンの変化がわかるのでとてもわかりやすいサイトになっています。
投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

⑤プラットフォームにEAをインストールする

最後にやることが、用意したEAをVPSにインストールして設定することです。

手順は下記の通りです。

1.メニューバーから、「ファイル」>「データフォルダを開く」>「MQL4」or「MQL5」>「Experts」まで行ってください。

2.用意したEAのデータを「Experts」に貼りつけます。

3.メニューバーから「ツール」>「オプション」を開いてください。

4.「自動売買を許可する」と「DLLの仕様を許可する」この2つにチェックを入れます。

5.最後に「自動売買」のボタンをONにします。

HotForexのauto口座(自動売買)の注意点

HotForexのauto口座は、自動売買専用の口座になりますが注意点があり、通常の口座と比較してもデメリットの部分が目立ちます。

①MT5に対応していない

HotForexのauto口座は、MT5が使用できません。

MT5対応の良いEAが見つかっても、auto口座自体が対応していないため使用できないのがデメリットです。

MT5で自動売買をしたい方は、auto口座ではなくて通常の口座タイプを選択してください。

②ボーナスがない

HotForexのボーナスは業界トップクラスの豪華さがありますが、auto口座を選択してしてしまうとボーナスを受けとることができません。

ボーナスを利用して、自動売買をしたいのであれば通常の口座タイプを選択してください。

HotForexの入金ボーナスとキャッシュバック

HotForexの入金ボーナスとキャッシュバックを徹底解説

2021年2月5日

③その他のルール

HotForexのauto口座では、1アカウントにつき1口座のみしか使用できません。

また、2つのシグナルを同時利用できません。そしてシグナルトレード中は、MT4を起動し続けることという注意点があります。

HotForexの自動売買(EA)に関するよくある質問FAQ

Q.自動売買は実際に勝てるの?

A.自動売買は価格が高いから勝てるというものではなく、勝てるソフトを見るけるのはとても難しいです。

無料の自動売買ソフトでも、裁量と組み合わせることで良い結果がでることもあります。

Q.HotForexでは無料のVPSを使うことはできますか?

A.はい。HotForexでは無料のVPSを用意しています。

VPSはブロンズ、シルバー、ゴールドの3つのランクに分かれており、ランクが上になるとスペックも高くなります。

ブロンズランクは最低入金額が50万円、月に5ロット取引すれば無料で利用ができます。

Q.HotForexでは有料のVPSを使うことはできますか?

A.はい。HotForexでは月額で30ドルかかりますが、有料のVPSを用意しています。

・ブロンズ:月額30ドル
・シルバー:月額50ドル
・ゴールド:月額80ドル

まとめ

HotForexでは2つの方法で自動売買をすることができます。

自分でVPSを契約する方法とHotForexのauto口座で取引する方法。

実際にauto口座で取引するのはデメリットが多いため、自動売買をするなら通常の口座タイプから選択するのがおすすめです。

auto口座とプレミアム口座のスペックは一緒です。

ゼロスプレッド口座は、ボーナスはありませんが取引コストが一番安く抑えることができます。

ボーナスを利用して自動売買をするなら、マイクロ口座・プレミアム口座がおすすめです。

HotForexのスプレッドの比較と一覧

HotForexのスプレッドの比較と一覧を徹底解説

2021年4月6日

\最大レバレッジ1000倍×豪華ボーナス最大50万/


海外FX業者おすすめ人気ランキング!


海外FX業者おすすめ人気ランキング


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA