MT5のメリット・デメリット・特徴を初心者でもわかるように徹底解説

MT5のメリット・デメリット・特徴

MT5(メタトレード5)は、ロシアのMetaQuote社が開発した取引ツールです。

優れた機能や操作性はそのままに、処理能力が大幅に向上したMT4の次世代のプラットフォームです。

MT5はMT4と比較して機能的なメリットも多いですが、FX業者がMT5に対応していないという問題もあります。

MT5にメリットばかりが取り上げられていますが、実際に私が利用してみて感じたメリットとデメリットを詳しく解説していきます。

この記事を読めばわかること
・MT5の特徴とは?
・MT4とMT5の違いは?
・MT5のメリット・デメリット

Contents

MT5(メタトレーダー5)とは何?特徴は?

MT5(メタトレーダー5)の特徴

MT5とは、ロシアのMetaQuote社が開発したFX・CFD・先物・株式などが取引できるプラットフォームです。

MT4の基本的な機能はそのままに、2010年に大きくアップデートさせたバージョンをリリースしました。

MT5の特徴としてレート配信や動作がとても早いです。さらに取り扱い銘柄数の上限が無くなる他、株式や仮想通貨などの取引も可能になりました。

MT4はMQL4、MT5はMQL5という言語を使用しているため、互換性がなくMT4で使用していたインジケーターや自動売買(EA)をMT5で使うことができないなどのデメリットがあります。

最新のプラットフォームであるMT5に対応しているFX業者は、まだ少ないのが現状でありMT4の方が世界では主流になっています。

MT4とMT5の違いを図解で解説

下記はMT4とMT5の違いを比較したものです。

MT4 MT5
リリース 2005年 2010年
動作スピード 普通 早い
時間足 9種類 21種類
気配値・ナビゲーター 普通 使いやすい
カスタムインジケーターの数 豊富 普通
ワンクリック注文 可能 可能
ストラテジーテスター 可能 可能
アップデート回数 2018年以降のアップデートなし 多い
EAの数 豊富 少ない
海外FX業者 ほぼ対応 一部の業者のみ

MT4と比較をすると動作スピードの向上、時間足は増えましたが、カスタムインジケーターの数は少なくなりました。

MT4のメリット・デメリット・特徴

MT4のメリット・デメリット・特徴を初心者でもわかるように徹底解説

2021年1月7日

MT5(メタトレーダー5)の7つのメリット

MT5(メタトレーダー5)のメリット

それでは私が実際にMT5を利用して感じたメリットを解説していきます。

①動作スピードが早い

MT5のメリットはMT4と比べて動作スピードが非常に早いです。

動作スピードが早いため、通常のトレードからスキャルピングまでストレスがかかりません。

海外FXの教科書管理人
サクサク動いてくれるのは、取引をする上で大切ですよね

②時間足の種類が多い

MT5では時間足が増えました。

MTの時間足は9種類、MT5の時間足は21種類です。

MT5の方が時間足の種類が多いため、細かなチャート分析に繋がります。

時間足 MT4 MT5
M1(1分足)
M2(2分足)
M3(3分足)
M4(4分足)
M5(5分足)
M6(6分足)
M10(10分足)
M12(12分足)
M15(15分足)
M20(20分足)
M30(30分足)
H1(1時間足)
H2(2時間足)
H3(3時間足)
H4(4時間足)
H6(6時間足)
H8(8時間足)
    H12(12時間足)
D1(日足)
W1(週足)
MN(月足)

③板情報が確認できる

株式では当然のように見れる板情報ですが、MT4では見ることができませんでした。

しかし、MT5では板情報を確認しながら取引をすることができます。

板情報とは、どの価格にどれくらいの注文が入っているかを確認できることです。

海外FXの教科書管理人
板情報を見れるので取引の参考にできるのはメリットですね。

④気配値・ナビゲーターウィンドウが見やすい

MT5では気配値やナビゲーターウインドウが見やすくなりました。

気配値の項目では、プライスボードや詳細が見れるようになり、ナビゲーターウィンドウでは、表示がすっきりと見やすくなりました。

⑤アップデートの回数が多い

MT4は2018年以降アップデートはしないと発表しています。

そして今後はMT5に力を入れていくと発表しているため、MT5のアップデートが行われる回数が非常に多くなっています。

そのため、MT5は常に最新の環境で取引をすることができます。不具合が起きても素早く対応しますのでその点はMT4よりもメリットが高いです。

⑥裁量トレードには向いている

MT5は動作スピード、時間足の数、描画ツールの数、気配値・ナビゲーターウィンドウの見やすさなど、裁量トレードをするうえでの環境がMT4よりも整っています。

裁量トレードをメインにされるようであれば、MT5の方が有利です。

⑦複数のFX業者の口座にログインできる

MT4と一緒でMT5も、複数のFX業者の口座にログインすることができます。

MT5があれば複数のFX業者の口座を管理することができます。

業者専用のプラットフォームを利用している場合は、その業者の口座しか見ることができないので、他口座を見る時に手間がかかるのがデメリットになります。

海外FXの教科書管理人
口座の切り替えが数クリックでできてしまうので便利ですね。

MT5(メタトレーダー5)の4つのデメリット

次は実際にMT5を使用してデメリットと感じた部分を解説していきます。

①インジケーターの種類が少ない

MT5は、基本的なものを揃っているもののカスタムインジケーターの種類が少ないのがデメリットです。

ここ数年でかなり充実してきた感じはありますが、まだまだMT4と比べると少ないのが現状です。

頻繁にアップデートを行っているので、今後に期待したいです。

②自動売買(EA)の種類が少ない

MT5は、自動売買(EA)の種類が少ないため、自動売買をするならMT4の方がおすすめです。

またデメリットとして、MT4の自動売買はMT5と互換性がないため使用することができません。

もし、あなたが自動売買をするもしくは開発をするならMT4の方がよいでしょう。

③利用者の評判がよくない

MT5でトレードをしている方自体、まだまだ少ないですが実際に利用した方からすると評判はあまりよくありません。

使いづらい、フリーズするなどの意見も多くありました。

今後のアップデートに期待するという形しかないと思います。

④MT5に対応しているFX業者が少ない

MT5の高機能ではありますが、MT4と比べると対応しているFX業者が少ないです。

今後、対応していくFX業者は増えるとは思いますが、まだまだMT4が取引プラットフォームとしては主流です。

この数年でメジャーば海外FX業者では、MT5が使用できるところが多くなってきました。

下記はMT5が使用できる海外FX業者です。

MT5が使用できる業者

・XMTrading

・GEMFOREX

・TitanFX

・FBS

・TradeView

・HotForex

・IFC Markets

・FxPro

・LandFX

・FXDD

MT5(メタトレーダー5)に関するよくある質問FAQ

Q.MT5は無料で使用できますか?

A.はい。MT5は無料で使用できます。外部サイトのインジケーターを利用する場合は有料のものがありますのでよく確認してください。

Q.MT4とMT5ではどのような基準で選べばいいですか?

A.自動売買をするならMT4、裁量トレードをするならMT5で考えてください。

Q.MT5は自動売買できますか?

A.MT5でも自動売買することはできます。しかし、MT4の自動売買とはプログラミングが違うため互換性がありません。

Q.MT5の時間は日本時間に変更できますか?

A.日本語表示したい場合は「JPN_Time_SubZero」というインジケーターをインストールしてください。

スマートフォンのアプリでは日本時間に変更することができません。

Q.パソコンだとMT5の動作が重く感じます

A.MT5は高機能なため、パソコンのスペックが低いと重く感じるかもしれません。

動作スピードや機能が改善されているため、メモリを多く消費します。そのため低スペックのパソコンで動かす場合は、動作が重く感じると思います。

まとめ

MT5は、動作が早く、時間足が豊富にあり、描画ツールの数、気配値・ナビゲーターウィンドウの見やすさがメリットであり特徴です。

MT5はMT4よりも高機能であるため、今後MT4よりも利用者が増えていくと考えています。

しかし、まだまだMT4の方が主流であるため実際、MT5利用者は少ないのが現状です。

裁量トレードをするなら、いまうちにMT5に慣れておくといいでしょう。

自動売買をするならMT4を使うというように使い分けをするのも手です。

私も実際に、自動売買はMT4、裁量はMT5というように使いわけをしています。

両方試してあなたに合ったプラットフォームを選択してトレードに役立ててください。


海外FX業者おすすめ人気ランキング!


海外FX業者おすすめ人気ランキング


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA