海外FXのゼロカットって何?ロスカットの違いを解説

海外FXのゼロカット

海外FXでトレードをするにあたり、ゼロカットを採用していることは心理面において強みを発揮します。

国内のFX取引では、口座残高がマイナスになってしまった場合、追証と呼ばれる借金を支払う必要があります。

しかし、ゼロカットを採用している海外FX業者では、ゼロカットシステムを採用しているため、追証が発生しません。

そのため、大きなリスクを背負うことなくトレードに集中することができます。

あなたが、海外FXでトレードを始めようと考えている場合は、このゼロカットについてやロスカットの違いについて知ることで、心理面で余裕が生まれてきます。

この記事を読めばわかること
・海外FXのゼロカットについて
・ゼロカットとロスカットの違い
・なぜ海外FXではゼロカットがあるの
・ゼロカットの注意点

国内FXでは追証が発生する

国内FXで取引をする場合は、追証のリスクを考慮しながらトレードをする必要があります。

FXの取引はレバレッジをかけることができるため、大きく収益を出すことができる反面、相場が予想とは反対に動いた場合はマイナスになるリスクがあります。

相場の急変により証拠金が無くなり、口座残高がマイナスになった場合は、国内FXでは追証を支払わなければいけません。

例えば、10万円を取引口座に入金してトレードをはじめたところ、口座残高がマイナス5万円になってしまった場合は、5万円を支払う必要がでてきます。

このように、国内FXでは追証で借金を背負うことになりかねません。

海外FXはゼロカットがあるため追証が発生しない

ゼロカットシステムは、FXトレーダーを負債から守るシステムになります。

国内FXでは、口座残高がマイナスになった場合は、追証を支払う必要がありますが海外FXでは、追証が発生しません。

それは、海外FXではゼロカットシステムを採用しているからです。

そのため、相場の急変等で口座残高がマイナスになったとしても、ゼロにリセットされます。

私も何度かゼロカットにより、ゼロにリセットされましたが、これが国内FXだった場合は冷や汗ものです。

ゼロカットとロスカットの違いは?

ゼロカットとロスカットは、言葉が似ているため区別がつかない方も多いのではないでしょうか。

ゼロカットとは、先述している通り口座残高がマイナスになってしまっても、ゼロにリセットされるというトレーダーを負債から守るシステムのことです。

一方、ロスカットとは海外FX業者がそれぞれ定めている証拠金維持率を下回った時に、保有しているポジションが強制決済になることです。

多くの海外FX業者のロスカットは、証拠金維持率が20%~50%を下回ると発動します。

また、ロスカットの前にはマージンコールというロスカットが近づいているという警告のようなものが発生します。

つまり、下記のような順番でゼロカットになります。

1.マージンコール
2.ロスカット
3.ゼロカット

ゼロカットまでの流れ

実際に取引しているとわかりますが、口座残高がマイナスになる前にロスカットが発動されることがほとんどです。

なぜなら、ロスカットが間に合わずに口座残高がマイナスになるようなケースは、リーマンショックやスイスフランショックなど経済危機などで数年に1度くらいしかないからです。

このように、ロスカットが間に合わずに口座残高がマイナスになるケースは稀にはなります。

しかし、ゼロカットシステムがあるからこそ、トレーダーは借金を背負うことがないのはメリットです。

海外FX業者のロスカットとマージンコールの比較

海外FX業者はそれぞれロスカットとマージンコールの値が異なります。

海外FX業者の中でも、iForexの数字が一番低く設定されています。

この数字が低い方が、取引をギリギリまで粘ることができます。

海外FX業者 ロスカット水準 マージンコール
HotForex他の口座タイプ 20% 50%
GEMFOREX 20% 50%
XM 20% 50%
TitanFX 20% 90%
AXIORY 20% 50%
LAND-FX 30% 50%
FBS 20% 40%
HotForexマイクロ口座 10% 40%
iForex 0% 0.25%

なぜ海外FXではゼロカットがあるのか?

海外FX業者の多くはNDD(ノーディーリングデスク)方式を採用しているため、トレーダーの取引量がそのまま業者の利益になります。

そのため、顧客が多くトレードをすることで、手数料が入るためできるだけ取引量を増やしてもらいたいと考えています。

もし、海外FXに追証が発生した場合、多くのトレーダーが取引に躊躇してしまうため、業者の利益も減少しています。

なぜゼロカットを採用しているかの結論は、顧客のマイナス分を補填してでも、ゼロカットシステムを導入し追証なしにした方がメリットがあると判断しているためです。

ゼロカットシステムの注意点

海外FX業者の多くがゼロカットシステムを採用してるとはいえ注意点はあります。

ゼロカットは、顧客を負債から守るシステムですが、業者が代わりに負債を抱えることになります。

万が一、歴史的な暴落が発生した場合は、負債をカバーしきれずに破産してしまう可能性もゼロではありません。

特に資本力の弱い業者ほどそのリスクは上がります。実際に2015年に起こったスイスフランショックで、大手の業者が破綻しています。

また、ゼロカットを採用しているにも関わらず、実際にゼロカットを無視した海外FX業者も存在します。

そのため、業者を選ぶ際は信頼性はとても大切になってきます。

海外FXのゼロカットに関するよくある質問FAQ

Q.口座残高がマイナスのままでリセットされません

A.口座残高がマイナスになり、リセットされるまでに数日かかる場合があります。長い場合だと1週間程度かかる場合もあります。数日経過してもリセットされない場合は、サポートに問い合わせするようにしてください。

Q.業者が倒産したら資金はどうなりますか?

A.信託保全や補償制度がある海外FX業者であれば、資金は戻ってきます。しかし、分別管理をしている海外FX業者の場合は資金は返ってこない場合があります。

Q.ゼロカットを採用していない海外FX業者はありますか?

A.世界には数多くの海外FX業者があります。そのため、全てを把握することはできませんが当サイトで紹介している海外FX業者は全てゼロカットを採用します。

まとめ

海外FXでは、ゼロカットを採用しているため追証は発生しません。

万が一、口座残高がマイナスになっても、ゼロにリセットされます。

追証がないため、借金を背負うことがないので、リスクを恐れずにトレードをすることできます。

また、ゼロカットとロスカットの違いについても説明してきました。

言葉が似ているので混同してしまいがちですが、意味は全く異なりますのでこの機会に覚えておきましょう。


海外FX業者おすすめ人気ランキング!


海外FX業者おすすめ人気ランキング


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA