LAND-FXのスプレッドの比較と一覧を徹底解説

LAND-FXのスプレッドの比較と一覧

LAND-FX(ランドFX)のスプレッドは、国内FX会社並みとも言われ海外FX業者の中でもトップクラスの狭さです。

LAND-FXの2種類の口座タイプが用意されており、それぞれスプレッドの狭さが異なります。

ECN口座は、スプレッドが狭い分取引手数料が1ロットあたり往復7ドルかかります。

この記事では、スプレッドの比較と一覧とどちらの口座タイプがよいのかについて徹底解説していきます。

この記事を読めばわかること
・LAND-FXのスプレッドは狭いの?
・LAND-FXのスプレッド一覧
・LAND-FXと他社のスプレッド比較
LAND-FX(ランドFX)の評判、評価

LAND-FX(ランドFX)の評判、評価を実際に利用してまとめてみた

2021年1月2日

\最狭スプレッド×豪華ボーナス/

Contents

LAND-FXのスプレッドについて

LAND-FXのスプレッド

売値と買値の差額をスプレッドと言います。

例えばドル円売値が105.000、買値が105.020だった場合、その差の0.02円(2pips)がスプレッドになります。

LAND-FXには2種類の口座タイプがあり、口座タイプによってスプレッドが異なります。

・Live口座
・ECN口座

Live口座は他社で言うスタンダードの口座タイプです。

ECN口座はスプレッドの狭い分取引手数料がかかる口座タイプになります。

Live口座 ECN口座
レバレッジ 500倍 200倍
スプレッド 0.7 pips~ 0.0 pips~
最低入金額 3万円 20万円
入金ボーナス 10% なし
取引手数料 無料 7ドル/ロット
海外FXの教科書管理人
口座タイプの大きな違いは、スプレッド、取引手数料の有無、最大レバレッジ、最低入金額になります。
LAND-FXの口座タイプを徹底解説

LAND-FXの口座タイプを徹底解説!Live口座・ECN口座を比較

2021年1月30日

LAND-FXのLive口座とECN口座のスプレッド比較

以下は、LAND-FXのLive口座とECN口座のスプレッドの比較になります。

通貨ペア Live口座 ECN口座
(7ドル/1ロット往復)
USD/JPY 0.80pips 0.80pips
(0.10pips)
EUR/USD 0.80pips 0.80pips
(0.10pips)
GBP/USD 1.20pips 1.20pips
(0.50pips)
EUR/JPY 1.20pips   0.90pips
(0.20pips)
GBP/JPY  1.80pips 2.00pips
(1.30pips)

ECN口座の方がスプレッドの方が狭く見えますが、手数料を加味するとLive口座のスプレッドに大きさがないことがわかります。

海外FXの教科書管理人
Live口座は、最大レバレッジ500倍、ボーナスありなので取引する際はECN口座よりは有利に進めることができますね。

LAND-FXのLive口座と他社のスプレッド比較

LAND-FXのLive口座と他社のスプレッドを比較したものになります。

スタンダードタイプの口座タイプのため、取引手数料はかかりません。

通貨ペア LAND-FXLive口座 TitanFXスタンダード口座 AXIORYスタンダード口座
USD/JPY 0.8pips    1.33pips  1.5pips
EUR/JPY 1.2pips  1.74pips  1.7pips
GBP/JPY 1.8pips    2.45pips    2.7pips
EUR/USD 0.8pips  1.2pips      1.30pips
AUD/USD 1.3pips   1.52pips    2.1pips

比較してみると、非常にスプレッドが狭いことがわかります。

LAND-FXのECN口座と他社のスプレッド比較

ECN口座は、スプレッドが狭い分手数料がかかる口座タイプになります。

通貨ペア LAND-FX ECN口座 TitanFXブレード口座 AXIORYナノスプレッド口座
取引手数料 往復0.7pips/lot 往復0.7pips/lot 往復0.6pips/lot
USD/JPY  0.80pips
(0.10pips)
1.03pips
(0.33pips)
1.00pips
(0.40pips)
EUR/JPY  0.90pips
(0.20pips)
1.44pips
(0.74pips)
1.30pips
(0.70pips)
EUR/USD  0.80pips
(0.10pips)
0.90pips
(0.20pips)
1.00pips
(0.40pips)
GBP/JPY  2.00pips
(1.30pips)
2.15pips
(1.45pips)
2.30pips
(1.70pips)
AUD/USD  0.80pips
(0.10pips)
1.22pips
(0.52pips)
1.20pips
(0.60pips)

LAND-FXのECN口座は、他社と比較しても非常に狭いです。

しかし、トータル的に見た場合は、ECN口座とLive口座のスプレッドはそれほど変わりはないので、Live口座に方が有利に取引をすることができます。

LAND-FXのスプレッドの注意点

LAND-FXのスプレッドの注意点を解説していきます。

①市場のオープン・クローズ時

市場がオープン・クローズする時間帯は、流動性が低くなるため、スプレッドが広がりやすくなります。

また、クリスマスや年末年始も流動性が低くなるため、スプレッドが広がりやすくなりますので注意してください。

LAND-FX(ランドFX)の取引時間

LAND-FX(ランドFX)の取引時間を徹底解説!クリスマス・年末年始は

2020年12月24日

②経済指標時

米国雇用統計やFOMC政策金利などの経済指標の発表前後はスプレッドが広がりやすくなります。

その他にも、重要人物の発表時や災害時もスプレッドは広がる場合がありますので注意しましょう。

③最大レバレッジが口座タイプによって異なる

LAND-FXは口座タイプによって最大レバレッジが異なります。

Live口座はレバレッジ500倍、ECN口座は200倍になるため、持てるポジション数が変わるためよく確認して口座タイプを選択してください。

LAND-FXの最大レバレッジは500倍

LAND-FXの最大レバレッジは500倍!制限や変更方法を解説

2021年1月25日

④最低入金額が口座タイプによって異なる

LAND-FXの最低入金額は、口座タイプによって異なります。

・Live口座:3万円
・ECN口座 :20万円

ECN口座は、スプレッドが狭い代わりに最低入金額が20万円と高めの設定になっています。

LAND-FXの入金方法を徹底解説

LAND-FXの入金方法を徹底解説!注意点は?

2021年2月7日

LAND-FXのスプレッドに関するよくある質問FAQ

Q.取引手数料はかかりますか?

A.はい。Live口座は取引手数料はかかりません。一方、ECN口座は1ロットあたり往復7ドルかかります。

Q.スプレッドは固定制、変動制どちらですか?

A.はい。LAND-FXのスプレッドは変動制を採用しています。

まとめ

LAND-FXのスプレッドは、国内FX並みに狭くなっています。

スタンダードタイプのLive口座とスプレッドの狭いECN口座タイプがありますが、取引手数料を考えるとLive口座の方がコストを抑えて取引することができます。

また、Live口座は最大レバレッジ500倍と高く最低入金額も低いのが特徴です。

実際にLive口座で開設していますが、Live口座の方が有利だなと感じています。

さらにLive口座はボーナスも付与されるので条件はとてもよいです。

LAND-FXの入金ボーナスとリカバリーボーナス

LAND-FXの入金ボーナスとリカバリーボーナスを徹底解説

2021年2月5日

\最狭スプレッド×豪華ボーナス/


海外FX業者おすすめ人気ランキング!


海外FX業者おすすめ人気ランキング


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA