AXIORYでスキャルピングする7つのメリット

AXIORY(アキシオリー)はスキャルピングができる海外FX業者です。

スキャルピングとは、短時間の間に何度も取引する手法です。

AXIORYは、スプレッドの狭いスキャルピングに向いている口座タイプがあります。

さらに、スキャルピングに向いている取引プラットフォームのcTraderも利用可能です。

そのため、スキャルピングをする上で、非常に良い取引環境が整っています。

この記事では、AXIORYでスキャルピングする上でのメリットや選択すべき口座タイプ、取引プラットフォームをわかりやすく解説していきます。

この記事を読めばわかること
・AXIORYはスキャルピングに向いている?
・AXIORYでスキャルピングするメリット
・スキャルピングする上での最適な口座タイプは?
・おすすめの取引プラットフォームはどれ?
AXIORY(アキシオリー)の評判、評価

AXIORY(アキシオリー)の評判、評価!メリット、デメリットを解説

2020年12月28日

\ 世界最高水準のトレード環境/

Contents

AXIORYはスキャルピングができる海外FX業者

海外FX業者の中には、スキャルピングを禁止している業者、禁止ではないものの一定の制限を設けている業者など条件が様々です。

しかし、 AXIORYではスキャルピングが認められている海外FX業者です。

AXIORYの公式ホームページにもスキャルピングができる旨が記載されています。

スキャルピング(超短期売買)はできますか?

スキャルピング(超短期売買)は可能です。また、スキャルピングの回数に制限は設けておりません。
AXIORYの取引条件より引用

海外FXの教科書管理人
実際にAXIORYでスキャルピングトレードをしていますが、スキャルピングに向いている業者だなと感じています。

AXIORYでスキャルピングする7つのメリット

AXIORYでスキャルピングする7つのメリット

AXIORYでスキャルピングをしてみて、実際にメリットだと感じた7つの理由を解説していきます。

①業界最高水準のスプレッド

スキャルピングは、短時間で取引を多くするためスプレッドが狭くないと利益に繋がりません。

スプレッドの狭いナノスプレッド口座は、業界最高水準の0.0 Pips~というスプレッド水準です。

他社と比較しても、非常にスプレッドが狭いため、スキャルピングをするにはメリットだと感じました。

AXIORYのナノスプレッド口座と他社のECN口座の比較

FX通貨ペア Axioryナノスプレッド口座 TitanFXブレード口座 XMゼロ口座
取引手数料 往復0.6pips/lot 往復0.7pips/lot 往復1.0pips/lot
USD/JPY(ドル/円) 1.00pips
(0.40pips)
1.03pips
(0.33pips)
1.10pips
(0.10pips)
EUR/JPY(ユーロ/円) 1.30pips
(0.70pips)
1.44pips
(0.74pips)
1.60pips
(0.60pips)
GBP/JPY(ポンド/円) 2.30pips
(1.70pips)
2.15pips
(1.45pips)
2.10pips
(1.10pips)
AUD/JPY(豪ドル/円) 1.50pips
(0.90pips)
1.82pips
(1.12pips)
2.00pips
(1.00pips)
EUR/USD(ユーロ/ドル) 1.00pips
(0.40pips)
0.90pips
(0.20pips)
1.10pips
(0.10pips)
海外FXの教科書管理人
表の通り他社と比較してもAXIORYのナノスプレッド口座はスプレッドが狭くなっているためスキャルピングに向いています。
AXIORYのスプレッド

AXIORYのスプレッドの比較と一覧を徹底解説

2021年3月29日

②取引手数料が安い

AXIORYのナノスプレッド口座は、1ロットあたり往復6ドルの取引手数料がかかります。

スキャルピングをする上で、取引手数料が安い方が利益も変わってきます。

取引手数料の比較

海外FX業者 取引手数料
TradeviewのILC口座 往復5/lot
HotForex ゼロスプレッド口座 往復5~8ドル/lot
Tradeview ECN口座 往復5ドル/lot
AXIORY ナノスプレッド口座 往復6ドル/lot
FBS ECN口座 往復6ドル/lot
TitanFX ブレード口座 往復7ドル/lot
LAND-FX ECN口座 往復7ドル/lot
XM ゼロ口座 往復10ドル/lot

表の通りAXIORYの取引手数料は、一番安いわけではありません。

しかし、1ロットあたり往復6ドルの取引手数料は他社と比較しても十分安いです。

③cTraderが利用できる

AXIORYはスキャルピングに向いている取引プラットフォームのcTraderが利用できます。

cTraderは、約定スピードが早い、ワンクリックで決済、板の情報が見えるなどの特徴があります。

cTradeを利用できる海外FX業者は、数社しかありません。

cTradeを利用するためにAXIORYで口座開設する方もいます。

MT4 cTrader
時間足 9種類 26種類
同時決済 ×
予想利益表示 ×
日本時間の表示 ×
板情報 なし あり
自動売買
EAの種類 多い 少ない
インディケーターの種類 多い 少ない
海外FXの教科書管理人
AXIORYの取引プラットフォームはMT4とcTraderの2種類あります。スキャルピングをするならcTraderがいいですね。
cTraderのメリットデメリット

cTraderを使う10のメリット・3つのデメリット

2021年1月8日

④最低入金額が2万円と安い

一般的にスプレッドの狭いECN口座の最低入金額は高いです。

そのため、少額から始めたい方にとってはデメリットなのですが、AXIORYの最低入金額は2万円とハードルが低いのがメリットです。

他社のECN口座の最低入金額

海外FX業者 最低入金額
XM ゼロ口座 1万円
HotForex ゼロスプレッド口座 2万円
AXIORY ナノスプレッド口座 2万円
TitanFX ブレード口座 2万円
FBS ECN口座 10万円
LAND-FX ECN口座 20万円
GEMFOREX ノースプレッド口座 30万円
海外FXの教科書管理人
少額でスキャルピングをするならメリットが高いですね。

⑤最大レバレッジが400倍と高い

スタンダードの口座タイプの最大レバレッジとECN口座の最大レバレッジは異なることが多いです。

例えばXMの最大レバレッジは888倍ですが、スプレッドの狭いゼロ口座になるとレバレッジが500倍と低く設定されています。

また、TradeviewやLAND-FXのECN口座は最大レバレッジが200倍と低いです。

AXIORYのナノスプレッド口座は、スタンダード口座と同じく最大レバレッジ400倍で利用できるのはメリットです。

AXIORYの最大レバレッジは400倍

AXIORYの最大レバレッジは400倍!制限や変更方法を解説

2021年1月23日

⑥超高速な約定率

AXIORYの約定率99.99%と非常に高いです。

約定力が高い理由は、金融インフラ世界最大のエクイニクス社にデーターセンターを置いているからです。

スキャルピングをするなら、約定力が高くないと売買注文が通らなかったり、注文にタイムラグが発生してしまいます。

そしてAXIORYの特徴は、約定率を公開しているところです。

約定率を公開している業者は、他にはありませんので約定力は高いなと感じました。

⑦NDD方式を採用

スキャルピングをするなら、NDD方式を採用している海外FX業者の方がメリットです。

NDD方式は、FX業者が顧客の注文をそのままインターバンクに流すため、透明性の高い取引をすることができます。

そのため、スキャルピングに対する規制がありません。

海外FXのDD方式とNDD方式

海外FXのDD方式とNDD方式の違いとメリット・デメリットを徹底解説

2021年1月1日

\ 世界最高水準のトレード環境/

スキャルピングするのにおすすめの口座タイプと取引プラットフォーム

AXIORYのおすすめの口座タイプと取引プラットフォーム

AXIORYは、スタンダード口座とナノスプレッド口座の2種類の口座タイプがあります。

取引プラットフォームについては、MT4とcTraderから選択できます。

そのため、AXIORYでは口座タイプと取引プラットフォームの組み合わせが4種類あります。

スキャルピングをするなら、ナノスプレッド口座とcTraderの組み合わせがおすすめです。

ナノスプレッド口座を選ぶ理由

ナノスプレッド口座を選ぶ理由は、スタンダード口座よりもスプレッドが狭いからです。

スキャルピングは、短時間で多くの取引をするため、スプレッドの狭さが重要になります。

また取引手数料も、1ロットあたり往復6ドルと業界最安値になるためです。

スタンダード口座とナノスプレッド口座のスプレッド比較

通貨ペア スタンダード口座 ナノスプレッド口座
(往復6ドル/ロット)
USD/JPY 1.2pips 0.5pips(1.1pips)
EUR/USD 1.1pips 0.2pips(0.8pips)
EUR/JPY 1.3pips 0.5pips(1.1pips)
AUD/USD 1.5pips 0.4pips(1.0pips)
GBP/JPY 1.4pips 0.8pips(1.4pips)
GBP/USD 1.3pips 0.3pips(0.9pips)
USD/CAD 1.8pips 0.5pips(1.1pips)

表の通り、ナノスプレッド口座の方がスプレッドが狭いです。

また、ナノスプレッド口座はECN方式を採用しているため、FX業者は取引量に応じて手数料をとるため、スプレッドに手数料を上乗せすることがありません。

そのため、スプレッドも安定しやすくスキャルピングもやりやすくなります。

AXIORY(アキシオリ―)の2種類の口座タイプ

AXIORY(アキシオリー)の2種類の口座タイプの違いと選び方

2021年1月15日

cTraderを選ぶ理由

AXIORYでスキャルピングするなら、取引プラットフォームはMT4ではなくcTraderがおすすめです。

cTraderの特徴は、約定と決済のスピードが早いです。

また、ワンクリックで注文・決済や板情報が見ることができるのがメリットです。

cTraderのメリットデメリット

cTraderを使う10のメリット・3つのデメリット

2021年1月8日

AXIORYのスキャルピングに関するよくある質問FAQ

Q.スキャルピングEAは利用できますか?

A.はい。EAの利用制限がないため、スキャルピングEAも利用することができます。

AXIORYの自動売買(EA)の利用手順

AXIORYの自動売買(EA)の利用手順を解説

2021年4月13日
Q.AXIORYでは両建てはできますか?

A.はい。AXIORYでは両建ては可能です。

AXIORYの両建てを徹底解説

AXIORYの両建てを徹底解説

2021年2月19日

まとめ

実際にスキャルピングをしてみてAXIORYはスプレッドが狭く取引コストも安いため、スキャルピングに向いている海外FX業者だと感じました。

口座タイプは、ナノスプレッド口座、取引プラットフォームはcTraderの組み合わせが最もスキャルピングに向いています。

AXIORYは取引コストを抑えて、スキャルピングができるおすすめの海外FX業者です。

\ 世界最高水準のトレード環境/


海外FX業者おすすめ人気ランキング!


海外FX業者おすすめ人気ランキング


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA