iFOREXはVPSが利用できない?

iFOREXはVPSが利用できない?

iFOREXでは、VPS(仮想専用サーバー)の利用ができません。

それは、iFOREXは自動売買(EA)が利用できないため、VPSの必要性がないためです。

しかし、VPSを利用して自動売買をしたいと考えている方も多いと思います。

この記事では、iFOREXの代わりに自動売買(EA)が、利用できる海外FX業者やおすすめのVPS会社を解説していきます。

この記事を読めばわかること
・iFOREXはVPSの用意はあるの?
・おすすめのVPS会社とは?
・VPSが利用できるおすすめの海外FX業者は?
iFOREX(アイフォレックス)の評判・評価

iFOREX(アイフォレックス)の評判・評価は?メリット・デメリットを実際に確かめてみた

2020年12月31日

\ 豪華な4種類のボーナスをゲットしよう/

Contents

iFOREXはVPSが利用できない

iFOREXはVPSが利用できない

iFOREXは、自動売買(EA)が利用できないため、VPSの必要性がありません。

VPS(仮想専用サーバー)とは、サーバー上でレンタルできるパソコンのことです。

自動売買にVPSが必要な理由は、安定した取引環境が必須だからです。

自動売買をするためには、VPSにMT4/MT5をインストールしセットアップしていくのですが、iFOREXは独自のプラットフォームで取引するためMT4/MT5の利用ができないようになっています。

自動売買をするのであれば、iFOREX以外の海外FX業者を利用する必要があります。

iFOREX(アイフォレックス)自動売買(EA)

iFOREX(アイフォレックス)は自動売買(EA)が禁止されている

2020年12月29日

自動売買(EA)におすすめな海外FX業者は?

それでは、自動売買(EA)をするのにおすすめの海外FX業者を紹介していきます。

自動売買をするのにあたり、スプレッドが狭い業者を選ぶのがポイントになります。

海外FXの教科書管理人
以下は自動売買におすすめの海外FX業者のスプレッド一覧になりますので目安にしてください。
通貨ペア Tradeview ECN口座 TitanFXブレード口座 AXIORYナノスプレッド口座
取引手数料 往復0.5pips/lot 往復0.7pips/lot 往復0.6pips/lot
USD/JPY 0.6pips
(0.1pips)
1.03pips
(0.33pips)
1.00pips
(0.40pips)
EUR/JPY 0.8pips
(0.3pips)
1.44pips
(0.74pips)
1.30pips
(0.70pips)
EUR/USD 0.7pips
(0.2pips)
0.90pips
(0.20pips)
1.00pips
(0.40pips)
GBP/JPY 1.0pips
(0.5pips)
2.15pips
(1.45pips)
2.30pips
(1.70pips)
AUD/USD 0.7pips
(0.2pips)
1.22pips
(0.52pips)
1.20pips
(0.60pips)

①AXIORY

AXIORYのナノスプレッド口座は、業界最高水準のスプレッドの狭さが特徴です。

スプレッドが狭い代わりに、取引手数料は1ロットあたり往復6ドルの取引手数料がかかります。

また、約定率は99.99%と非常に優れているだけではなく、約定率まで公開している海外FX業者はAXIORY以外にありません。

自動売買以外に通常のトレードにおいてもおすすめの海外FX業者です。

AXIORY(アキシオリー)の評判、評価

AXIORY(アキシオリー)の評判、評価!メリット、デメリットを解説

2020年12月28日

②TitanFX

TitanFXのブレード口座は、業界の中でもトップクラスのスプレッドの狭さです。

スプレッドが狭い代わりに、取引手数料は1ロットあたり往復7ドルの取引手数料がかかります。

また、TitanFXのサーバーは、ニューヨークのEquinix NY4ファイナンシャルデータセンター内に設置されているため約定も非常に速いのが特徴です。

TitanFX (タイタンFX)の評判・評価

TitanFX (タイタンFX)の評判・評価!メリット、デメリットを解説

2020年12月28日

③Tradeview

TradeviewのILC口座は海外FX業者の中でも、最狭スプレッドを誇ります。

スプレッドが狭い分、取引手数料往復5ドルかかってきます。

ケイマン諸島の金融ライセンス(CIMA)を取得しており、最大35,000ドルまで信託保全があるため信頼性は海外FX業者の中でもトップクラスです。

Tradeview(トレードビュー)の評判・評価

Tradeview(トレードビュー)の評判・評価!メリット・デメリットを実際に確かめてみた

2020年12月30日

おすすめのVPS会社3選

私が実際に使用しておすすめだと感じたVPS会社を3つ紹介していきます。

①お名前.comデスクトップクラウド

お名前.comデスクトップクラウドは、価格、スペック、パフォーマンスのバランスが整っているため使い勝手がよいのが特徴です。

月々1500円以下で利用でき、毎月のコストを抑えた方にとっては一番おすすめのVPS会社になります。

さらに稼働率99.99%以上を保証しており、返金保証もついています。

お名前.com デスクトップクラウド

②ABLENET

ABLENETは20年以上の運用実績がある老舗のサーバー会社です。

低価格からハイスペックなプランと種類が豊富なのも特徴です。

10日間無料でお試しができるため、仕様がわかるのがメリットです。

サーバーの不具合もなく、安定した取引環境で取引できます。

ABLENET

③使えるねっと

使えるねっとは、2007年から日本でサービスを展開してきたレンタルサーバー会社です。

運用実績も国内NO.1ということで安定した接続環境が強みの会社です。

登録後30日以内に解約しても、全額返金があるため安心して利用することができます。

使えるねっと

iFOREXのVPSに関するよくある質問FAQ

Q.iFOREXは自動売買はできますか?

A.いいえ。iFOREXでは自動売買の利用は禁止にされているため利用できません。

Q.iFOREXではVPSの用意はありますか?

A.いいえ。iFOREXは、自動売買が利用できないためVPSは無料有料ともに用意がありません。

まとめ

iFOREXは、自動売買(EA)が利用できないためVPSの提供もなく利用することができません。

そのため、自動売買をしたい方は、別の海外FX業者ではじめる必要があります。

自動売買をはじめるのにあたり、おすすめの海外FX業者を紹介しましたので参考にしてください。

\ 豪華な4種類のボーナスをゲットしよう/


海外FX業者おすすめ人気ランキング!


海外FX業者おすすめ人気ランキング


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA