TitanFXでスキャルピングする7つのメリット

TitanFXでスキャルピングする7つのメリット

TitanFX(タイタンFX)は、スキャルピングができる海外FX業者です。

しかし、スキャルピングに向いているかどうかは、スプレッドの狭さや取引手数料を確認しなければいけません。

TitanFXでは、スプレッドの狭い口座タイプが用意されており、スキャルピングをする上で非常に良い環境が整っています。

この記事では、TitanFXでスキャルピングする上でのメリットや選択すべき口座タイプ、注意点をわかりやすく解説していきます。

この記事を読めばわかること
・TitanFXはスキャルピングに向いている?
・TitanFXでスキャルピングするメリット
・スキャルピングする上での最適な口座タイプは?
・スキャルピングの注意点は?
TitanFX (タイタンFX)の評判・評価

TitanFX (タイタンFX)の評判・評価!メリット、デメリットを解説

2020年12月28日

\ 業界最狭スプレッド×超高速で約定/

Contents

TitanFXはスキャルピングができる海外FX業者

海外FX業者の中では、スキャルピングを禁止している業者や禁止はしてないが制限を設けている業者があります。

TitanFXは、制限もなくスキャルピングができる海外FX業者です。

TitanFXの公式ホームページにもスキャルピングができる旨が記載されています。

Zeroブレード口座は、極狭スプレッドを取引毎のわずかな手数料でお取引いただけるため、取引量の多いトレーダーや、EAやスキャルピングトレーダーの皆様に最適の口座です。

TitanFXの口座タイプより引用

海外FXの教科書管理人
TitanFXでスキャルピングをするなら、口座タイプはブレード口座がメリットが高いです。
TitanFX(タイタンFX)の2種類の口座タイプ

TitanFX(タイタンFX)の2種類の口座タイプ!特徴と選び方

2021年1月16日

TitanFXでスキャルピングする7つのメリット

TitanFXでスキャルピングするメリット

それでは、実際にスキャルピングをしてみてメリットだと感じた7つの理由を解説していきます。

①業界最狭スプレッド

スキャルピングは、短時間の間に多くの取引するためスプレッドの狭さが重要になってきます。

TitanFXでは、スプレッドの狭い口座タイプである「ブレード口座」が用意されています。

ブレード口座は、業界最狭スプレッド(0銭/0ピップ~)を提供しています。

Titan FXのブレード口座と他社のスプレッド比較

FX通貨ペア TitanFXブレード口座 Axioryナノスプレッド口座 XMゼロ口座
取引手数料 往復0.7pips/lot 往復0.6pips/lot 往復1.0pips/lot
USD/JPY(ドル/円) 1.03pips
(0.33pips)
1.00pips
(0.40pips)
1.10pips
(0.10pips)
EUR/JPY(ユーロ/円) 1.44pips
(0.74pips)
1.30pips
(0.70pips)
1.60pips
(0.60pips)
GBP/JPY(ポンド/円) 2.15pips
(1.45pips)
2.30pips
(1.70pips)
2.10pips
(1.10pips)
AUD/JPY(豪ドル/円) 1.82pips
(1.12pips)
1.50pips
(0.90pips)
2.00pips
(1.00pips)
EUR/USD(ユーロ/ドル) 0.90pips
(0.20pips)
1.00pips
(0.40pips)
1.10pips
(0.10pips)
GBP/USD(ポンド/ドル) 1.27pips
(0.57pips)
1.50pips
(0.90pips)
1.60pips
(0.60pips)
海外FXの教科書管理人
表の通り、他社と比較してもスプレッドが狭いですね。
TitanFXのスプレッドの比較と一覧

TitanFXのスプレッドの比較と一覧を徹底解説

2021年3月31日

②取引手数料が安い

TitanFXのブレード口座は、1ロットあたり往復7ドルの取引手数料がかかります。

取引手数料が安い方が、スキャルピングでの利益も変わってきます。

取引手数料の比較

海外FX業者 取引手数料
TradeviewのILC口座 往復5/lot
HotForex ゼロスプレッド口座 往復5~8ドル/lot
Tradeview ECN口座 往復5ドル/lot
AXIORY ナノスプレッド口座 往復6ドル/lot
FBS ECN口座 往復6ドル/lot
TitanFX ブレード口座 往復7ドル/lot
LAND-FX ECN口座 往復7ドル/lot
XM ゼロ口座 往復10ドル/lot

他社と比較すると一番安い訳ではありませんが、1ロットあたり往復7ドルの取引手数料であれば十分安いと感じています。

③最大レバレッジが500倍と高い

一般的な口座タイプとECN口座の最大レバレッジは異なることが多いです。

例えばXMの最大レバレッジは888倍ですが、スプレッドの狭いゼロ口座になるとレバレッジが500倍と低く設定されています。

また、TradeviewやLAND-FXのECN口座は最大レバレッジが200倍と低いです。

TitanFXのブレード口座は、スタンダード口座と同じく最大レバレッジ500倍で利用できるのはメリットです。

TitanFXの最大レバレッジは500倍

TitanFXの最大レバレッジは500倍!制限や変更方法を解説

2021年1月23日

④超高速約定

TitanFXの約定速度はミリ秒単位と非常に早いのがメリットです。

スキャルピングをする上で、約定力が弱いと売買注文通らない、注文にタイムラグが生じてしまうなどの問題がでてくるため、利益が変わってしまいます。

TitanFXは大きな指標発表時でも、問題なくほぼ約定していくのが特徴です。

⑤NDD方式を採用

スキャルピングをするなら、NDD方式を採用している海外FX業者の方がメリットです。

NDD方式は、FX業者が顧客の注文をそのままインターバンクに流すため、透明性の高い取引をすることができます。

そのため、スキャルピングに対する規制がありません。

海外FXのDD方式とNDD方式

海外FXのDD方式とNDD方式の違いとメリット・デメリットを徹底解説

2021年1月1日

TitanFXでは提携先のリクイディティプロバイダー(LP)を公開しています。

TitanFXのリクイディティプロバイダー(LP)
リクイディティプロバイダーとは
市場の流動性を保つために海外FX業者と提携している大手金融機関のこと

TitanFXはリクイディティプロバイダーまで公開しているため、安心して取引することができます。

⑥ストップレベルが低い

TitanFXのストップレベルが低いのがメリットです。

ストップレベルが広いと現在の価格から離れている価格でしか指値・逆指値を入れられないため、スキャルピングは不利な条件になってしまいます。

しかし、TitanFXのストップレベルはゼロになるため、スキャルピングするには適しています。

⑦最低入金額が2万円と安い

一般的にスプレッドの狭いECN口座の最低入金額は高いです。

少額から始めたい方にとってはデメリットなのですが、TitanFXの最低入金額は2万円からと非常に安くなっています。

他社のECN口座の最低入金額

海外FX業者 最低入金額
XM ゼロ口座 1万円
HotForex ゼロスプレッド口座 2万円
AXIORY ナノスプレッド口座 2万円
TitanFX ブレード口座 2万円
FBS ECN口座 10万円
LAND-FX ECN口座 20万円
GEMFOREX ノースプレッド口座 30万円

\ 業界最狭スプレッド×超高速で約定/

スキャルピングにおすすめなブレード口座

TitanFXの口座タイプは、スタンダード口座とブレード口座の2種類あります。

スキャルピングをするなら、スプレッドの狭いブレード口座がおすすめです。

取引手数料も1ロット当たり往復7ドルと安いのも特徴です。

TitanFXのスタンダード口座とブレード口座のスプレッド比較

通貨ペア スタンダード口座 ブレード口座
手数料 なし 7ドル/lot
USD/JPY(ドル/円) 1.33pips 1.03pips
EUR/JPY(ユーロ/円) 1.74pips 1.44pips
EUR/USD(ユーロ/ドル) 1.20pips 0.90pips
GBP/JPY(ポンド/円) 2.45pips 2.15pips
GBP/USD(ポンド/ドル) 1.57pips 1.27pips

表の通り、ブレード口座の方がスプレッドが狭くなっています。

また、ブレード口座はECN方式を採用しているため、FX業者は取引量に応じて手数料をとるため、スプレッドに手数料を上乗せすることがありません。

そのため、スプレッドも安定しやすくスキャルピングに向いている口座タイプになります。

TitanFXでスキャルピングする注意点

TitanFXでスキャルピングをする際に、禁止事項が定められていますので注意してください。

TitanFXの禁止事項

・複数口座での両建て
・他のFX会社を利用しての両建て
・窓埋め・窓開けを狙った取引
・接続遅延・レートエラーを狙った取引

禁止事項に触れてしまうと、口座凍結になる可能性があるので注意してください。

TitanFXで注意すべき5つの禁止事項

TitanFXで注意すべき5つの禁止事項!出金拒否されないように注意しよう

2021年4月18日
TitanFXで両建てはできるの?

TitanFXで両建てはできるの?

2021年2月21日

TitanFXのスキャルピングに関するよくある質問FAQ

Q.自動売買を利用したスキャルピングはできますか?

A.はい。スキャルピングEAも利用することができます。

TitanFXの自動売買(EA)の利用手順と設定方法

TitanFXの自動売買(EA)の利用手順と設定方法

2021年4月13日
Q.スキャルピングの最小ロット数はどれくらいですか?

A.はい。TitanFXのFX通貨ペアの最小ロット数は、0.01ロットから取引できます。

TitanFXの最大ロット数・最小ロット数

TitanFXの最大ロット数・最小ロット数を徹底解説

2021年6月8日

まとめ

TitanFXのブレード口座は、スキャルピングに向いているというのが、実際に取引してみて感じました。

業界トップクラスのスプレッドや取引手数料の安さは、スキャルピングをする上で、非常にメリットが高いです。

TitanFXは取引コストを抑えて取引できるため、スキャルピングに向いている海外FX業者です。

\ 業界最狭スプレッド×超高速で約定/


海外FX業者おすすめ人気ランキング!


海外FX業者おすすめ人気ランキング


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA